2006年03月22日

WBCの今後は・・・?

WBC運営に批判 ルール、組み合わせ不透明

WBC.jpgワールド・ベースボール・クラシック(WBC)大会運営の相次ぐ不手際がクローズアップされている。順位のつけ方が分かりづらく、日程面や対戦相手などで米国チーム優遇とも取られかねない「不公平」さが目立ったためだ。何よりも批判を浴びたのは、リーグ戦で勝敗が並んだ場合の順位付け。失点率などで上位を決めるやり方にも「ばかげたルール」と批判。

また、米国人審判による誤審が相次いだことや、試合日程が、米国が有利なように組まれたことも問題点。最初は二次リーグから勝ち上がったチームが準決勝では逆の組と対戦することになっていたが、変更が公表されないまま、同じ組同士の対戦が決まった。「米国がドミニカ共和国やキューバとの対戦を避けた」「テレビの放映権料が高い米国−日本の試合を二次リーグと準決勝の二試合組まれるようにした」との声がある。確かに日本は見事優勝を勝ち取ったが、今回ばかりはルールに救われた点も多い。韓国にいたっては予選で日本に2勝しているにも関わらず、トーナメントにて日本に敗れている。コンディションにもよるが不運である。次回の開催は3年後、ルールを見直し、より盛り上がる退会にして欲しい!。。。と言いつつ日本優勝は日本人にとって誇りだし、イチロー万歳って感じである。

 
posted by イタバ at 13:43| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース(一般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜
久しぶりに感動しますた〜。
おめでとうです。
Posted by 軍曹 at 2006年03月22日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。