2005年12月21日

ドラマ1リットルの涙・最終回「遠くへ、涙の尽きた場所に」

ついに最終回を迎えましたドラマ1リットルの涙。。。この感想も最終回です。
「遠くへ、涙の尽きた場所に」・・・題名から最後が分かってしまう。やはり一番の涙が出ました。
亜也(沢尻エリカ)と遥斗(錦戸亮)が会わなくなって1年近くが経った。亜也は歩けなくなったが、自分の生きている証として毎日日記を書いていた。亜也の日記は難病患者やその家族を対象にした会報に載っていた。ある日亜也宛ての手紙が届いた。それは亜也と同じ病気の少女から送られてきた「亜也の日記に励まされた」と言う内容のお礼の手紙だった。その手紙を渡したのが1年ぶりに再会した遥斗だった。遥斗は亜也の為に手紙を読み、「お前は人の役にたっている」と元気付けた!遥斗の素直な気持ちは亜也に届いたと思う。自分は「何も出来ず惨め」と思う気持ちを「人の役にたった」と言う事実で亜也は生きる勇気を再び取り戻したと思う。

そしてその日から5年間。25歳の障害を閉じるまで、亜也は日記で多くの人を励まし、動かしてきたのだ。いや、亜也が亡くなった後でも、亜也の日記に応えるべく、亜也の墓前に多くの人が集まってきた。亜也の生涯は決して無駄ではなく、幸せだったのだ。また、亜也の家族、池内家も亜也により人間の尊さ、真の優しさに触れる事が出来たのだ。

今回のドラマ「1リットルの涙は」はじめは暗いドラマだから見ないだろうと思っていた。が、回を重ねる程に入り込み、亜也が亡くなった後も「本当に?」と目を疑った位、作中に自分を置く事の出来た作品だった。亜也には大きなハンデがあったが、見事に生きて見せた。健康な僕たちはこのドラマを通じ、今以上に悔いを無く「生きていかなければならない」。そう教えられた様な気がする!

※1リットルの涙・第10話感想はコチラ

 


※最後に池内亜也役を演じた沢尻エリカは、見事と言えるほど「難病」になりきっていた。手の震えや体の関節の動きなど、「亜也」になりきっていた。彼女の演技があったからこそ、ドラマに入り込める事が出来たと思う。世間では沢尻エリカの評価は分かれているが、今後注目されるのは必至!女優として頑張って欲しい。
posted by イタバ at 01:34| Comment(2) | TrackBack(9) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして

TBありがとうございます。

このドラマには何でもない日々の大切さをあらためて教えられました。
悲しいけど、とても前向きになれるチカラのあるドラマでしたね。
Posted by ブリッツ at 2005年12月21日 22:08
トラックバックありがとうございます。
遅くなりまして済みません。
辛くて哀しいけれど、人々に希望を見出させた話だったと思います。これが現実の話とは、天の計らいなのでしょうか。
Posted by minnadesiawase at 2005年12月26日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

難病「脊髄小脳変性症」と向き合った少女・亜也の物語 【1リットルの涙・最終話】
Excerpt: 具体的な治療法が2005年の今も把握できていない難病。 「脊髄小脳変性症」 この病気と戦い続けた少女、亜也の生涯を描いたドラマ「1リットルの涙」 いよいよ最終回です。
Weblog: The Natsu Style
Tracked: 2005-12-21 01:46


Excerpt: 今回のテーマは涙。。。 今日は1リットルの涙[最終回]。 今クールで唯一観てるドラマなんですがかなりハマ..
Weblog: M・Junの日常。。。
Tracked: 2005-12-21 02:03

「1リットルの涙」最終回
Excerpt: 「1リットルの涙」の最終回にもう涙が止まりません(;θ;) 実話を元にしたドラマなので、結末はもちろんわかっていたんですけど、やっぱりあまりにも酷でした・・・。 「世界の中心で、愛をさけぶ」と..
Weblog: Thanksgiving Day
Tracked: 2005-12-21 02:31

【ドラマ雑感】 1リットルの涙 (第11話/最終回) 〜遠くへ、涙の尽きた場所に〜
Excerpt:  亜也(沢尻エリカ)は20歳になった。病状はますます進行し、運動機能が著しく低下していた亜也は、ついに自分の力では立てなくなる。それでも亜也は決して日記を書くことをやめない。ある日、亜也は潮香(薬師丸..
Weblog: 気ままなNotes...
Tracked: 2005-12-21 02:57

1リットルの涙 〜永遠の眠り〜
Excerpt: 今日1リットルの涙が最終回でした。 亜也は20歳になっていて 弟にも彼女ができてました… 「花びらも  イッペンに咲くわけじゃなく  毎日少しづつ咲いていく…  昨日が..
Weblog: zenの日記
Tracked: 2005-12-21 05:39

1リットルの涙〜沢尻エリカ
Excerpt: 体の全機能が停止してしまう難病により弱冠25歳でこの世を去った、木藤亜也によるベストセラー小説を映画化。15歳の時、母親に体の異変を指摘され病院を訪れた亜也は、そこで次第に体の自由が効かなくなる難病、..
Weblog: 気分てんかん
Tracked: 2005-12-21 06:50

1リットルの涙〜最終話〜と。
Excerpt: 本題に入る前に亜也さんの詩を紹介したい。 小さな心で 小さな花を あなたは うけとってくださいますか 小さな手で 小さな愛を あなたはうけとってくださいますか (文字盤で) この詩に今回のドラマ..
Weblog: オガチャン的ライフ
Tracked: 2005-12-21 10:55

【1リットルの涙】
Excerpt: 本日最終回でした。 このドラマを観始めてから 毎日毎日いろんなことを考えさせられました。 非常にいい経験をさせていただきました。 # 最近涙もろくてだめ..
Weblog: 極私的浪花やさぐれ日記
Tracked: 2005-12-21 11:35

1リットルの涙 最終話
Excerpt: 「1リットルの涙」もとうとう最終話。  「1リットルの涙」は(実質)第3話から見始めましたが、毎回どこかで泣かされました。「あいのうた」も感動して泣きましたが、号泣度ではこのドラマのほうが確実に..
Weblog: あいりぶろぐ
Tracked: 2005-12-21 22:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。