2006年02月24日

女子フィギュアスケート荒川“金”

<フィギュア>荒川「金」 村主4位、安藤は15位
2006年2月24日(金) 7時3分 毎日新聞

トリノ冬季五輪フィギュアスケートの女子フリーで、荒川静香が圧巻の演技で191.34で優勝、村主も実力を発揮し175.23で4位、安藤は4回転ジャンプで転倒し140.20で15位だった。サーシャ・コーエン(米国)もジャンプの転倒が響き183.36で2位だった。イリーナ・スルツカヤ(ロシア)はジャンプの転倒があり181.44で3位に沈んだ。

荒川金メダル.jpg 荒川金メダル02.jpg

荒川は、得点が表示されると、涙が目からあふれそうになった。ショート、フリーともに自己ベストを更新。多彩なスピンと彼女の持ち味手放しY字スパイラルも決めた。村主も安定した演技を見せたが、途中、回転不足のジャンプがあったため、予想より得点が出なかった村主。それでも大舞台で大きなミスなく力を発揮した村主の迫真の演技に、会場から万感の拍手が送られた。安藤は、序盤に4回転サルコウに挑戦。回転軸は良かったが、回転不足で転倒した。その後7つのジャンプのうち5つで大きなミスが連続し、精細に欠いた。「4回転にトライできて素敵な思い出です」と安藤。これからの大きな糧になったはずだ。

荒川の金は、女子フィギュアスケートで初!2004年に世界王者に輝いた後、一度は引退を考えた。新採点法に悩まされた。だが、荒川はスケートを「楽しむ」と心に誓って苦難を乗り越えた。 努力と苦難の後に手にした重い金メダルである。大したもんだ!日本勢は荒川も村主も安定した正に“貫禄”を見せつけた結果だったと思う。ミキティーは人気が先行しちゃったね、まだまだ若いから次回頑張れ!

 

posted by イタバ at 10:49| Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース(一般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。